ニキビ治療の名医を見つけよう!

HOME » 種類ごとに見る大人ニキビの治療方法

種類ごとに見る大人ニキビの治療方法

白・黒・赤・化膿…様々な大人ニキビを調べた結果をまとめました。原因や症状、具体的な治療方法まで網羅しています。

皮膚科と美容クリニックどちらが良いの?

気になるニキビの治療方法。

一口にニキビと言っても、白ニキビや黒ニキビなどの軽度のものから、炎症を起こしている赤ニキビや化膿ニキビ、クレーターのようなニキビ跡までさまざまなものがあります。

これらのニキビの治療は、美容クリニックや一般的な病院の皮膚科などで行っています。

それでは、いわゆる町の皮膚科と美容クリニック、どちらで治療するのがベストなのでしょうか?

町のお医者さん(皮膚科)で治療する場合

にきびは皮膚の病気のひとつなので、通常の皮膚科でも保険診療で治療が可能です。保険診療は、当然安く手軽に受けられる治療でもあります。

ですが、ほとんどの場合は薬を処方して終わりで、排濃(ニキビをつぶすこと)をしてくれないという現実があります。

また、排濃を行っていても、針で潰して膿を出す程度の治療。その場合、患部からバイ菌が入ってまた化膿してしまい、余計に増えたりにきびが酷くなったりしてしまうことも。

皮膚科はもともと保険診療点数が低い治療が多いので、毎日多くの外来患者様をさばいてこそ経営が成り立つというものなのだそう。皮膚科の診療の中でも、ニキビの治療はとくに「割に合わない」ものなのです。

病院は保険治療。一人ひとり丁寧に治療して時間をかけるよりも、薬を処方して回転を上げる方が経営上楽になるという背景もあるようです。

クリニックは早くてキレイに治ります!

一方、美容クリニックでの治療は、一般的な皮膚科の飲み薬や塗り薬による間接的な治療方法ではなく、直接患部に施すレーザーや光学治療がメイン。

そのため、早くキレイに治るということが特長。確かに、保険診療の皮膚科よりはコストは上がるでしょう。ただ、ニキビは簡単な診察で治るようなものではありません。

患者によって、肌質・原因も違えば、生活サイクルなどの背景も違います。美容クリニックのように時間をかけてしっかりとカウンセリングをし、適切な治療方法を見極めてからの施術が重要となります。

クリニックではもちろん、皮膚科ではほとんどやってくれない「排膿」も行ってくれますし、その後、レーザー治療による殺菌効果も得られます。

膿んでしまっている場合は「炭酸レーザー」、赤みを持っている場合は、レーザーで赤みを沈静化する「クリアタッチ」とニキビのもととなるアクネ菌を殺菌する「ピュアアクネス」を併用するなど、治療メニューも豊富なため、ニキビのタイプや個人の肌質にあわせた適切な処置を施すことができます。

ニキビを本気で治したい場合は、断然!クリニックでの治療を受けが方が良いでしょう。

大人ニキビの原因と正しい治療法って?

最近では、大人ニキビに悩んでいる人が増えています。

大人ニキビとは、10代の頃のおでこを中心にできるニキビとは異なります。
多くの場合、口の周りからあご、髪の毛の生え際からフェイスラインにかけてニキビがぽつぽつとできたり、毛穴が白く盛り上がったり、毛穴が開いて黒い点に見えるもの。

大人ニキビは思春期のニキビとは違って複雑で、治りにくいとも言われます。例えば、月経時(月経不順)・ストレス・食生活(ビタミン不足や脂っこい物の摂り過ぎ)・不規則な生活・間違ったスキンケア・ホルモンバランスの崩れなどなど。その原因は1人ひとり異なることも特徴です。

治りにくいだけではなく、繰り返しできる可能性が高く、しかも、跡に残るとなかなかとれにくいという怖いもの。たかがニキビとあなどってはいけません。

まずは、ニキビ治療を行っている専門のクリニックなどでカウンセリングを受け、自分のニキビの原因がどこにあるのかを見極めた上で、きちんとした治療と予防を、行うことをオススメします。